Home Home > サッカーのファールの基準

サッカーのファールの基準

審判によって厳しい人もいたり、そうでない人もいます。

 

ある特定の違反行為に対してだけ厳しい審判なども。

 

審判にもいろいろな方がいますが

『ピエルルイジ・コッリーナ』

という審判が一番有名なのではないでしょうか。

スキンヘッドに鋭い目つき。

彼が主審をすると、選手よりも目がいってしまった事も多いのでは?

 

 

サッカー選手も見た目で、プレイでインパクトがある選手もいますが

変わった異名を持ち、その異名の方がインパクトがあったり記憶に残ったりする選手もいます。

 

日本人にとって有名なのは

『キング』と言えば三浦知良選手ですが

 

世界には変わった異名を持つ選手が存在しますので

少し紹介させていただきます。

 

 

『サッカーの神様』   :  ペレ  (ブラジル)

イギリスの新聞が見出しにつけたのがきっかけで、サッカーの神と言われるようになったそうです。

 

 

『将軍』         :  プラティニ (フランス)

ワンマンチーム気味のフランスを、司令塔として率いていた事が由来と言われています。

 

 

『皇帝』         :  ベッケンバウアー (西ドイツ)

味方を意のままに操る姿が皇帝のように見えたから呼ばれていたみたいです。

 

 

『爆撃機』       :   ミュラー (西ドイツ)

『重戦車』       :   ヴィエリ (イタリア)

といった人ではない異名などもあったりします。

 

 

『白いペレ』      :   トスタン (ブラジル)

白人系のFWでペレ並にすごいという意味からきたそうです。

 

『二代目白いペレ』 :   ジーコ (ブラジル)

2代目も存在するみたいです。

 

『消防士』      :   ノルダール (スエーデン)

昔は消防士だったとの事です。

 

『2代目マラドーナ』 : オルテガ (アルゼンチン)

『東欧のマラドーナ』 : ハジ (ルーマニア)

『アルプスのマラドーナ』 : ヘルツォーク (オーストリア)

この時期は○○のマラドーナといった異名が流行っていた時期でした。

 

 

『空飛ぶオランダ人』 : クライフ (オランダ)

意味を聞かなければわからない異名も。

 

ワールドカップも開幕し、もしかすると今大会で

新たな異名を獲得する選手も出てくるかもしれませんね!

 

2014.05.15 日本vsコートジボワール

頑張れ日本!!

 

 

 

 

 

 

 

キラキラ

キラキラWeb Magazine!

オブジョブスタッフによるコラム

Topへ戻る