Home Home > ザックJAPAN!勝ちにいかず、あえて引き分けを狙った!?

ザックJAPAN!勝ちにいかず、あえて引き分けを狙った!?

2014.06.20 今日の朝からFIFAワールドカップ日本の第2戦『日本vギリシャ』が行われました。

 

出勤時間で見れなかった人も多いかと思いますが、多くの方はニュースなどで結果だけは知っている方も

多いのかと思います。

 

 

結果はスコアレスドローの引き分けでした。

 

 

『日本、崖っぷち!』

 

 

と言われておりますが、これはもしかするとザック監督の作戦だったのかもしれません。

 

 

 

 

『勝ち点』のさらに下にある『得失点』の事を考えているのかもしれません。

 

 

もし仮に、日本が今日勝てば勝ち点3でグループリーグ2位でコートジボワールと並びます。

コロンビアは決勝トーナメント出場確定で、日本とコートジボワールのどちらかが2位通過する事になります。

ギリシャはグループリーグ敗退となってしまいます。

 

 

ギリシャは最終戦は勝ってもグループリーグ敗退と決まっているのでなのでコートジボワール戦で無気力な試合になってしまうかもしれません。

そうなると堅守のギリシャがコートジボワール相手に大量失点をしてしまう可能性も出てきます。

コートジボワールが大量得点をあげてしまうと、日本がコロンビアに勝ち、勝ち点で並んでも得失点差で負けてしまう可能性があります。

 

 

その事をザックは見越しているのではないでしょうか。

 

 

だからあえて引き分けて、ギリシャも最終戦コートジボワールに勝ったら決勝トーナメントに出れる可能性を残したのではないでしょうか?

 

サッカーも選手間同士の駆け引きがたくさん存在しますが、短期決戦の大会では監督も先を見越しての駆け引きが重要とされます。

 

 

最終戦、どうなるか皆で日本代表を応援しましょう!

頑張れニッポン!!!

 

 

 

 

キラキラ

キラキラWeb Magazine!

オブジョブスタッフによるコラム

Topへ戻る