Home Home > もともと浴衣とは…

もともと浴衣とは…

この時期、街中で浴衣を着ている人を多く見かけます。

 

例年よりも、男性用の浴衣などの売り上げが今年は伸びているみたいです。

 

昔と比べて、今は浴衣の種類も増えてきており、セット販売も多くたくさんのバリエーションの中から

自分の好みに合った浴衣、帯、下駄などを選ぶことが出来るものが多いです。

 

もともと、浴衣とは平安時代に「沐浴する為の衣(沐浴とは、体を水で洗い潔める事。宗教的な儀式に使われる事が多い)」からきており、

その後、安土桃山時代には湯上りに着て、肌の水分をとらせるもの

江戸時代には庶民の愛用する衣類となったとの説が有力みたいです。

 

浴衣とは、今でいう「パジャマ」のような扱いだったのです。

欧米でいうと、「バスローブ」と同じ扱いだったのです。

 

夜中にパジャマで出歩く人はたまに見かけた事はございますが、

バスローブで出歩く人は見かけた事がございません。

 

 

それと同じような扱いの衣類を、日本はおしゃれに夏の風物詩にまでしてしまったのです。

 

 

 

浴衣姿の人をみれば、今日はどこかでお祭りをやっているのか、今日はどこかの街で花火なのかと考えたりしますが

 

バスローブ姿で歩いている人を見かければ、変質者と勘違いされ通報されかねないです。

 

 

もともと同じ用途の衣類のはずだったの、にまったく扱いが違ったりします。

 

 

 

この夏、バスローブと違い浴衣を着ていても通報される事は無いと思いますので

短い夏の雰囲気を楽しむために、浴衣を着て街を歩いてはいかがでしょうか?

 

最近は夏も長い感じはしますが…(笑)

 

 

 

キラキラ

キラキラWeb Magazine!

オブジョブスタッフによるコラム

Topへ戻る