Home Home > 添い寝フレンドを作ろう

添い寝フレンドを作ろう

あなたは添い寝フレンド、いますか?
「いる!」という方もいれば、「添い寝フレンドって何…?」と頭の上に?を浮かべる方も多いのではないでしょうか。

添い寝フレンドとはその名の通り、添い寝をする友達。
「セックスフレンドじゃん!」とは違い、あくまでカラダの関係ではなく添い寝をするだけの関係という事です。
自分にその気がなくても相手が迫ってきたら…断れない性格の人や、断ってその関係が続かないようでは添い寝フレンドとは言えません。


添いフレ(ソフレ)の需要が増えた要因

恋人が居ても結婚していても満たされない事もあると思います。
まして、恋人が居ないとなると更に人肌恋しくなるのは当然だと思います。
そんな時に丁度良いのが添い寝フレンドという訳ですね。
仕事が忙しいから恋人は要らないけど、ちょっとした癒しが欲しいという需要や
肉体関係がないので、恋人が居ても結婚してても後ろめたさがないのも添い寝フレンドという関係を選ぶ人が増えてる要因となっているみたいです。
そもそもセックスに興味がないという人が増えてきてるのも大きい要因と言えそうです。


添い寝フレンドのメリットデメリット

実際に添い寝フレンドが居る人、居たことがある人に聞くと、恋愛感情や肉体関係がないため、関係を直ぐに解消する事が出来る事をメリットとして挙げる人が多くいました。
他には上記と同じ理由から、添い寝フレンドは何人居ても後ろめたく思う必要がない為、気分によって違う人と一緒に過ごしても気兼ねしないという事もあるようです。
例えこちらが添い寝だけを望んでいても、相手が同じ気持ちとは限りません。
最初は添い寝だけの関係を築けていても何度か添い寝をしてる内に、相手が迫って来たり雰囲気が良くなって…肉体関係を持ってしまう場合もある様です。
相手にも自分にも恋人や結婚相手が居なければそのまま恋愛関係に発展する事もあるかも知れませんが、そうではない場合は関係がこじれて面倒な事に発展してしまう事もあるので注意が必要です。
一度肉体関係を持ってしまうと、その後添い寝フレンドに戻る事は難しく、気まずくなったりして直ぐに関係を解消となってしまう人が多いようです。
その関係をいつでも解消出来るのがメリットとはいえ、逆に長続きさせるのが難しいのも特徴と言えるかもしれません。


需要のある対象人物

添い寝フレンドは一緒に寝るという特性上、一緒に居て落ち着ける人を相手に選ぶという人が多くいる一方
ドキドキ感を楽しみたい…という人が一定須いるのも特徴で、普段接点がないタイプの人間とピロートークを楽しみたいという需要があるのも事実で
恋人と違い日によって変えるという事も可能なので、利用者の半数以上は2人以上と関係を持っているという回答を得ました。
また利用者は、見た目のタイプこそバラバラですが、相手の話を聞くのが上手い人や落ち着いた雰囲気の人が多い様に感じました。


添い寝屋の存在

興味あるけど、知人や友人に「添い寝フレンドっていますか?」とか「添い寝フレンドになりませんか?」と聞くのは相手が「( ゚Д゚)ハァ?」って顔をするのが見えそうな気がして、とてもハードルが高そうな気がします。
一緒に寝るだけでそれ以上の事はしない事を双方が理解しており、なおかつスケジュールが合わないと関係を築くのも難しいですよね。
友達以上恋人未満の関係の難しさを再確認されられます。
そんな人たちの為にリフレクソロジーサービス(マッサージ・アロマなど)の一種として添い寝ビジネスが展開されています。
男性向けだけではなく、女性向けにも展開されているのが他の業種との大きな違いです。
お店の規約として添い寝以外の行為は一切禁止されていますので、SNSで見ず知らずの人を相手に募集するよりも色んな面で安心。
料金と引き換えとはなってしまいますが、それだけ安全にイケメンと添い寝が出来るのは女性にとってはとても心強いのではないでしょうか。

逆に男性向けでは似たようなサービスでもっと過激なサービスも受けられるファッションヘルスやソープではなく添い寝屋を選ぶ人も多いのは草食系が増えてきた時代でしょうか。
自分で添い寝屋を利用するのも一つ、逆に自分が添い寝屋としてお仕事をするのも可能。
現代に生きる人の多くが持っているココロの隙間。
埋めてあげるのも埋めてもらうのもアナタ次第。


人気のお仕事なので、応募受付終了の場合がございます。その際はご了承願います。

キラキラ

キラキラWeb Magazine!

オブジョブスタッフによるコラム

Topへ戻る